ユーザー アカウントの作成方法 (Active Directory の場合) のご紹介です。
今日からはじめる Windows Server 2003 サーバー管理入門

ブックマーク

サブメニュー


Windows Server TOP

ネットワーク管理の
基礎の基礎

LAN と WAN
LANカード(NIC)、LANケーブル、スイッチングハブ
通信プロトコル
TCP/IP:IPアドレス編
TCP/IP:サブネットマスク編
TCP/IP:直接通信と間接通信

ファイルサーバー基礎の基礎

共有フォルダとは?
共有フォルダのアクセス制御
NTFS とは?
NTFS アクセス権
アクセス権の評価
共有フォルダのアクセス権のトラブルシューティングを簡素化する方法
Windows Server 2003 の共有フォルダの既定に注意!
NTFS アクセス権の継承
NTFS アクセス権の継承を解除する方法
これは使える Windows Server 2003 R2のファイルサーバーとしての新機能!(クォータ)
これは使える Windows Server 2003 R2のファイルサーバーとしての新機能!パート2(スクリーニング、レポーティング)

Windows Server 入門

専門用語に四苦八苦するあなたへ
Windows Server って何?
エディション
Web Edition と Storage Server
ライセンス
パッケージとボリュームライセンス
プリント サーバー
ターミナル サーバー
Windows Sharepoint Services (WSS)とは?
Windows SharePoint Services (WSS) の文書管理機能
グループポリシーとは?
共有フォルダのボリューム シャドウコピー
共有フォルダのボリュームシャドウコピーとバックアップとの違い
IIS6.0
小規模向けWindowsサーバー
小規模向けWindowsサーバーのライセンス
ASP のグループウェアを検討しよう
これは使える Windows Server 2003 R2の新機能!

ユーザーの管理
コンピュータの管理

ワークグループから Active Directory
OU (組織単位) とは?
ファイルサーバー
Windows Server 2003 の Active Directory
ユーザー アカウントの作成方法 (Active Directory の場合)
OU(組織単位) の作成方法
ユーザー アカウントの属性
ユーザー アカウントのブロパティを一括で変換
憂鬱なコンピュータの管理を自動化せよ

パフォーマンス管理

パフォーマンス チューニングの基礎
メモリのパフォーマンス チューニング

ネットワーク

名前解決
DNS の基本
スタブゾーン
DHCP
DHCPサーバーとDHCPクライントとの通信
DHCP リレーエージェント
DHCP の 80/20 ルール
DHCP サーバーの承認
DHCP オプション
NLB
プロキシ
ネットワークのトラブルシューティングの基礎

サーバー製品

MOM2005

セキュリティ

ウィルス対策

今日からはじめるWindowsサーバー管理の基礎の基礎

IT に詳しくなるとカッコイイ
知識が豊富だと、いろいろ助けられ
さらに経験が伴えば、仕事が楽になる。
できる男が読むITメルマガ

ユーザー アカウントの作成方法 (Active Directory の場合)


ここではサーバー管理でもっとも基礎となるユーザー アカウントの作成方法をご紹介します。


今回は Active Directory 環境でのお話です。
ワークグループの場合、手順が違いますので別のページでご紹介しますね。
また、可能であれば Active Directory 環境への移行もご検討ください。
やはり、Windows Server 2003 は Active Directory 環境で真価を発揮しますので!


さて、Active Directory 環境でのユーザーの作成方法ですが、まずは [Active Directory ユーザーとコンピュータ] スナップインを起動します。手順は以下の通りです。

[スタート]-[管理ツール]-[Active Directory ユーザーとコンピュータ]

そして、ユーザー アカウントを作成したい OU を開きます。



OU が分からなければ上図を参考にしてください。
上図では [Japan] と書かれているところが、OU です。

[Japan] OU は初期インストール時にはありませんので、あなたの環境に合わせて適宜名前を付け作成してください。

ユーザー アカウントの作成に戻ります。
作成したい OU を開いたら、右ペインの白い枠の中で右クリックし、[新規作成]-[ユーザー] をクリックします。

そうすると下記のウィザード(画面)が起動します。



後はウィザードの指示に従ってアカウントを作成するだけです。
この画面では

    • 苗字を入力します。日本語でもローマ字でも OK ですが、やはりローマ字が多いですね。
    • 名前を入力します。
  • イニシャル
    • イニシャルを入力します。特に入れなくても OK です。
  • フルネーム
    • 表示名になります。姓名が自動で連結されますので入力は必要ありません。
  • ユーザー ログオン名
    • ドメインにログオンする際に必要となるアカウント名です。名前のイニシャルと姓を連結して作成することが多いようです。たとえば、スズキ タケノリさんであれば、tsuzuki となります。



  • パスワード
    • パスワードを入力します。
  • ユーザーは次回ログオン時にパスワード変更が必要
    • ユーザーが始めてログオンした後、パスワードの変更を強制するためのオプションです。このオプションを指定することで、本人しかしらないパスワードに変更させることができます。
  • ユーザーはパスワードを変更できない
    • これを選択することは稀です。通常は必要ありません。
  • パスワードを無期限にする
    • 通常のアカウント作成では、これを選択しないでください。セキュリティのレベルが低下します。一般的にアプリケーション用のアカウント作成時に指定するオプションです。
  • アカウントは無効
    • 作成後、アカウントを使用できない状態にしておくためのオプションです。

以上でユーザー アカウントを作成することができました。




Windowsサーバー管理入門

Virtual PC

エミュレータソフト:Virtual PC の使いこなし術、Windows Server 2003 のインストール、Active Directory のセットアップなどを画像付きでご紹介しています。
Virtual PC とは? | 競合比較 | ゲスト OS 作成 | Windows Server 2003 のインストール | Windows Server 2003 イメージコピーの作成方法 | Active Directory のインストール | LAN 環境のシミュレート

MCP70-290 対策

MCP試験 70-290 の情報ページです。
Windows Server 2003 の管理についての試験ですから、管理に関する情報は Windowsサーバー管理入門よりも細かく掲載しています。
ユーザー、コンピュータ、およびグループの管理 | 障害回復の管理と実装 | グループポリシー | その他

コラム

勉強法、ベンダー資格などをご紹介しています。
学ぶこと | ベンダー資格 | TechNet

おすすめ書籍たち

サーバー管理の書籍からビジネス書までご紹介しています。
運用管理 | MCP資格 | ビジネス・自己啓発

リンク集

.
今日からはじめる Windows Server 2003 サーバー管理入門 | 免責事項更新情報 | コンセプト | サイトマップ
Copyright (C) 2004-2011 今日からはじめる Windows Server 2003 サーバー管理入門 All Rights Reserved.
当サイトの内容を無断転載、複製、画像を直リンクで表示することを禁じます。
.
template by Net Mania