今日からはじめる Windows Server 2003 サーバー管理入門

ブックマーク

サブメニュー


Windows Server TOP

ネットワーク管理の
基礎の基礎

LAN と WAN
LANカード(NIC)、LANケーブル、スイッチングハブ
通信プロトコル
TCP/IP:IPアドレス編
TCP/IP:サブネットマスク編
TCP/IP:直接通信と間接通信

ファイルサーバー基礎の基礎

共有フォルダとは?
共有フォルダのアクセス制御
NTFS とは?
NTFS アクセス権
アクセス権の評価
共有フォルダのアクセス権のトラブルシューティングを簡素化する方法
Windows Server 2003 の共有フォルダの既定に注意!
NTFS アクセス権の継承
NTFS アクセス権の継承を解除する方法
これは使える Windows Server 2003 R2のファイルサーバーとしての新機能!(クォータ)
これは使える Windows Server 2003 R2のファイルサーバーとしての新機能!パート2(スクリーニング、レポーティング)

Windows Server 入門

専門用語に四苦八苦するあなたへ
Windows Server って何?
エディション
Web Edition と Storage Server
ライセンス
パッケージとボリュームライセンス
プリント サーバー
ターミナル サーバー
Windows Sharepoint Services (WSS)とは?
Windows SharePoint Services (WSS) の文書管理機能
グループポリシーとは?
共有フォルダのボリューム シャドウコピー
共有フォルダのボリュームシャドウコピーとバックアップとの違い
IIS6.0
小規模向けWindowsサーバー
小規模向けWindowsサーバーのライセンス
ASP のグループウェアを検討しよう
これは使える Windows Server 2003 R2の新機能!

ユーザーの管理
コンピュータの管理

ワークグループから Active Directory
OU (組織単位) とは?
ファイルサーバー
Windows Server 2003 の Active Directory
ユーザー アカウントの作成方法 (Active Directory の場合)
OU(組織単位) の作成方法
ユーザー アカウントの属性
ユーザー アカウントのブロパティを一括で変換
憂鬱なコンピュータの管理を自動化せよ

パフォーマンス管理

パフォーマンス チューニングの基礎
メモリのパフォーマンス チューニング

ネットワーク

名前解決
DNS の基本
スタブゾーン
DHCP
DHCPサーバーとDHCPクライントとの通信
DHCP リレーエージェント
DHCP の 80/20 ルール
DHCP サーバーの承認
DHCP オプション
NLB
プロキシ
ネットワークのトラブルシューティングの基礎

サーバー製品

MOM2005

セキュリティ

ウィルス対策

今日からはじめるネットワーク管理の基礎の基礎

実は、アイツも使ってる情報サイト
もしあなたが知らないなら、損しているかも!
キーマンズなら、いつでも情報を見つけることができる。
ITの基礎知識をつけるなら『キーマンズネット』

ネットワークを構成する機器


基本的なネットワークを構築するために必要となるネットワーク機器はLANカードLANケーブル、そしてスイッチングハブです。

この3つがあると基礎的なネットワークが組めるんですね。

まずは、簡単に用語について解説します。

LANカード


コンピュータをネットワークに接続するために必要となるカードのことです。
NIC (ニック:Network Interface Card) と呼ばれることもあります。

最近のコンピュータには標準的に付いていることが多くなってきました。

ネットワークに接続しないようなコンピュータが少ないということでしょうね。

この LANカード/NIC には、多くの種類があります。

たとえば、速度に関して、10Mbps、100Mbps、1000Mbps などです。
あと、半二重と全二重。。。

上げたらキリが無いですね。

今日のところは名前だけ覚えて頂ければ結構です。

このページでの目的は、ネットワークの概要を押さえることですからね。

スイッチングハブ


まず自転車の車輪を思い出してください。

車輪には中心となる部分があり、そこからスポーク(針金のような線)が無数に張り出していますよね。

あの中心になるものがハブです。

ハブとは中心という意味があるんですね。


話をネットワーク機器に戻しますね。

スイッチングハブという名前のとおりネットワークの中心となる機器のことなんです。

このスイッチングハブに多くのコンピュータを接続することになるんですね。

ハブにも種類が多数あり、スイッチングハブは、その一つです。

現在、ハブの多くは、スイッチングハブですから、まずはこちらで覚えてください。

LANケーブル


ネットワークに接続するために、必要となるケーブルです。

このケーブルにも非常に多くの種類がありますが、ここでは最も大きな枠としてストレートケーブルクロスケーブルについて覚えてください。

まずは、ストレートケーブルです。

ストレートケーブルは、コンピュータとスイッチングハブを接続するときに使用します。

次にクロスケーブルですが、コンピュータとコンピュータやスイッチングハブスイッチングハブを直接接続する場合に使用します。

つまり、同一ネットワーク機器間での接続はクロスケーブルを使用するんですね。

一般的な LANケーブルの中には8本の線が入っています。

このうちの何本かを使用して送受信を行うのですが、コンピュータとスイッチングハブは通常、送受信の関係になるので、両ネットワーク機器側で送受信の端子が入れ替わっています。

そのため、ケーブルは両端子で同じとなるストレートケーブルを使用するんですね。

これに対して、コンピュータ同士、またはスイッチングハブ同士での接続では、送受信の端子が同じになってしまうため、ケーブルで対応する必要があるのです。

クロスケーブルは両端で異なる配列となります。
送受信がクロスしているんですね。

だからクロスケーブルと言います。


イメージ図
上図はネットワークのイメージ図です。
コンピュータから生えているのが、LANケーブルで、LANケーブルが集まっている四角箱がスイッチングハブになります。


もっと詳しい、やさしい図解が見たいなら、キーマンズネットの
「ネットワーク概念と集中・分散処理」がオススメ。

無料 今すぐ ===> IT製品選びをサポート◆キーマンズネット


Windowsサーバー管理入門

Virtual PC

エミュレータソフト:Virtual PC の使いこなし術、Windows Server 2003 のインストール、Active Directory のセットアップなどを画像付きでご紹介しています。
Virtual PC とは? | 競合比較 | ゲスト OS 作成 | Windows Server 2003 のインストール | Windows Server 2003 イメージコピーの作成方法 | Active Directory のインストール | LAN 環境のシミュレート

MCP70-290 対策

MCP試験 70-290 の情報ページです。
Windows Server 2003 の管理についての試験ですから、管理に関する情報は Windowsサーバー管理入門よりも細かく掲載しています。
ユーザー、コンピュータ、およびグループの管理 | 障害回復の管理と実装 | グループポリシー | その他

コラム

勉強法、ベンダー資格などをご紹介しています。
学ぶこと | ベンダー資格 | TechNet

おすすめ書籍たち

サーバー管理の書籍からビジネス書までご紹介しています。
運用管理 | MCP資格 | ビジネス・自己啓発

リンク集

.
今日からはじめる Windows Server 2003 サーバー管理入門 | 免責事項更新情報 | コンセプト | サイトマップ
Copyright (C) 2004-2011 今日からはじめる Windows Server 2003 サーバー管理入門 All Rights Reserved.
当サイトの内容を無断転載、複製、画像を直リンクで表示することを禁じます。
.
template by Net Mania