今日からはじめる Windows Server 2003 サーバー管理入門

ブックマーク

サブメニュー


Windows Server TOP

ネットワーク管理の
基礎の基礎

LAN と WAN
LANカード(NIC)、LANケーブル、スイッチングハブ
通信プロトコル
TCP/IP:IPアドレス編
TCP/IP:サブネットマスク編
TCP/IP:直接通信と間接通信

ファイルサーバー基礎の基礎

共有フォルダとは?
共有フォルダのアクセス制御
NTFS とは?
NTFS アクセス権
アクセス権の評価
共有フォルダのアクセス権のトラブルシューティングを簡素化する方法
Windows Server 2003 の共有フォルダの既定に注意!
NTFS アクセス権の継承
NTFS アクセス権の継承を解除する方法
これは使える Windows Server 2003 R2のファイルサーバーとしての新機能!(クォータ)
これは使える Windows Server 2003 R2のファイルサーバーとしての新機能!パート2(スクリーニング、レポーティング)

Windows Server 入門

専門用語に四苦八苦するあなたへ
Windows Server って何?
エディション
Web Edition と Storage Server
ライセンス
パッケージとボリュームライセンス
プリント サーバー
ターミナル サーバー
Windows Sharepoint Services (WSS)とは?
Windows SharePoint Services (WSS) の文書管理機能
グループポリシーとは?
共有フォルダのボリューム シャドウコピー
共有フォルダのボリュームシャドウコピーとバックアップとの違い
IIS6.0
小規模向けWindowsサーバー
小規模向けWindowsサーバーのライセンス
ASP のグループウェアを検討しよう
これは使える Windows Server 2003 R2の新機能!

ユーザーの管理
コンピュータの管理

ワークグループから Active Directory
OU (組織単位) とは?
ファイルサーバー
Windows Server 2003 の Active Directory
ユーザー アカウントの作成方法 (Active Directory の場合)
OU(組織単位) の作成方法
ユーザー アカウントの属性
ユーザー アカウントのブロパティを一括で変換
憂鬱なコンピュータの管理を自動化せよ

パフォーマンス管理

パフォーマンス チューニングの基礎
メモリのパフォーマンス チューニング

ネットワーク

名前解決
DNS の基本
スタブゾーン
DHCP
DHCPサーバーとDHCPクライントとの通信
DHCP リレーエージェント
DHCP の 80/20 ルール
DHCP サーバーの承認
DHCP オプション
NLB
プロキシ
ネットワークのトラブルシューティングの基礎

サーバー製品

MOM2005

セキュリティ

ウィルス対策

80/20ルール

実は、アイツも使ってる情報サイト
もしあなたが知らないなら、損しているかも!
キーマンズなら、いつでも情報を見つけることができる。
ITの基礎知識をつけるなら『キーマンズネット』

80/20ルール


DHCP ネットワークを設計する上で必要となる知識として
80/20 ルールというものがあります。ここでは、このルールについてお話します。

DHCPサーバーで障害が発生すると IP アドレスの割り当てを受けていない
クライアントはネットワークに接続できなくなります。

つまり、DHCPは非常に重要なサーバーであるということです。
このように重要な役割を果たすサーバーには冗長性を持たせることが
一般的です。

冗長には無駄な、とか蛇足という意味があり、
対障害性を向上させるために利用されるものです。

たとえば、1台で良いところを 2台用意したりすることで、
1台で障害が発生したとしても、サービスを提供し続けることが
できるわけです。

つまり、平常時には蛇足と言わざるを得ませんが、障害時に活躍できる
わけです。冗長はフォールト トレランスとも言われます。

DHCP サーバーは、サーバーを 2台配置することやクラスタを組むことで、
冗長性を確保します。

一般的にクラスタは高価になるため、DHCP では 2台でカバーすることが
多いようです。

クラスタとは複数台のサーバーを、1台のサーバーに見せかける技術のことです。

DHCP サーバーを 2台で構成する場合、注意するべき点があります。
それは IP アドレスの範囲が重複しないようにすることです。

DHCP サーバーは自分が割り当てた IP アドレスしか管理できません。

つまり、他のサーバーが割り当てている IP アドレスを認識できないため、
2 台のサーバーが同じ範囲の IP アドレスを管理している場合、
重複して割り当てる可能性があります。

実際には Windows ベースのサーバー、クライアントともにアドレス衝突の
回避機能があるため、重複は避けられますが、パフォーマンスが低下します。

これを避けるため、お互いに IP アドレスの範囲を分けて設定します。
ここで適用するのが 80/20 ルールと言われるものです。

これは IP アドレスの範囲の 80% を 1台のサーバーに管理させ、
残りの 20% をもう 1台のサーバーが管理させるようにすることです。


DHCPクライアントに、より近い DHCP サーバーに 80% の IP アドレスを設定します。
遠い DHCP サーバーには残りの 20% を設定します。

こうすることにより、80% を管理している DHCP サーバーを有効に動作される
ことが可能なのです。

20% を管理する DHCP サーバーはバックアップとして動作することになります。

ここで一つ疑問が出てきませんか?
80% を管理する DHCP サーバーがダウンした場合、20% しかない DHCP サーバー
では IP アドレスが足りないのでは?

大丈夫なんです。
DHCP サーバーから割り当てられた IP アドレスにはリース期間が
設けられています。

つまり、リース期間内であれば、DHCP サーバーがなくても、DHCP クライアントは
ネットワークに接続できます。

ダウンしたサーバーを復旧させる間に、IP アドレスを持たない DHCP クライアントと
リース期間を過ぎた DHCP クライアントの分だけ、
IP アドレスがあれば足りると言うことです。

なるほど!って感じじゃないですか?

さらに補足すると、バックアップとして動作している DHCP は、そのままでは
勿体ないですよね。

なので、バックアップとして動作している DHCP にもメインとして動作する
IP アドレスを管理してもらえば良いのです。

言葉で説明すると難しいかもしれませんので、下図を参照してくださいね。


図4:DHCP ネットワーク基本構成 (図をクリックすると拡大図が表示されます)

上手を簡単に補足しますと、左側のネットワーク A のネットワーク アドレスは
192.168.35.0/24 となっており、ネットワーク A 上の DHCP サーバー上で
80% の IP アドレスが管理されています。

右側のネットワーク B のネットワーク アドレスは 192.168.45.0/24 となっており、
ネットワーク B 上の DHCP サーバー上で 80% の IP アドレスが管理されています。

残りの 20% をお互いに管理し合うことで、80/20 ルールを適用した冗長構成が
完成します。

DHCP―ホスト設定サーバの設定・運用・管理


Windowsサーバー管理入門

Virtual PC

エミュレータソフト:Virtual PC の使いこなし術、Windows Server 2003 のインストール、Active Directory のセットアップなどを画像付きでご紹介しています。
Virtual PC とは? | 競合比較 | ゲスト OS 作成 | Windows Server 2003 のインストール | Windows Server 2003 イメージコピーの作成方法 | Active Directory のインストール | LAN 環境のシミュレート

MCP70-290 対策

MCP試験 70-290 の情報ページです。
Windows Server 2003 の管理についての試験ですから、管理に関する情報は Windowsサーバー管理入門よりも細かく掲載しています。
ユーザー、コンピュータ、およびグループの管理 | 障害回復の管理と実装 | グループポリシー | その他

コラム

勉強法、ベンダー資格などをご紹介しています。
学ぶこと | ベンダー資格 | TechNet

おすすめ書籍たち

サーバー管理の書籍からビジネス書までご紹介しています。
運用管理 | MCP資格 | ビジネス・自己啓発

リンク集

.
今日からはじめる Windows Server 2003 サーバー管理入門 | 免責事項更新情報 | コンセプト | サイトマップ
Copyright (C) 2004-2011 今日からはじめる Windows Server 2003 サーバー管理入門 All Rights Reserved.
当サイトの内容を無断転載、複製、画像を直リンクで表示することを禁じます。
.
template by Net Mania